1. トップページ
  2. 化粧水が手、コットン、パックで浸透が高まるのは嘘or意味がない

化粧水が手、コットン、パックで浸透が高まるのは嘘or意味がない

化粧水が入っていかない!

  • 手で押し込む!
  • コットンでパッティング
  • パックする

どれか試されると思いますが、どれも嘘というか思い込みの勘違い、もしくは無駄な行為です。

手で押し込む、押さえても浸透は高まらない

化粧水が肌に浸透するかしないかは、肌のバリア機能をいかに破るか次第です。

バリア機能はセラミドによる脂質層なので、水分は基本的に浸透しません。

これを上から手で押さえようが、刷り込もうが差はありません。

それでも手で優しく押さえていると、手と肌にモチッとしてくっついてきます。だから浸透が高まっていると言われます。

ですがこれは、ただ単に手にも化粧水が馴染んで、顔の保湿成分とくっついているだけです。また顔に余った水分が手に取られただけで、別に顔の肌に入っていったわけではありません。

化粧水が浸透するかどうかは、塗り方ではなく塗った時点で決まっています。どんな化粧水か?どんな成分配合か?この時点で決まっているので、物理的に何をしようが大差はないのです。

コットンでパッティングはコットンに水分を奪われているだけ

コットンパッティングも同じです。

化粧水がコットンに馴染んでいくので浸透が高まった気になるだけです。肌に入っていく量は変わりありません。

むしろコットンの繊維によって微細な刺激を受けるので、それが原因で微弱炎症を起こします。目に見えないほどの肌の奥での炎症です。

コットンを使うメリットは、手で付けるより細かい部分までしっかり化粧水を濡れるという点だけです。それでもコットンが大多数を吸収してしまうので、かなり贅沢な使い方になります。

パックは浸透が高まるのが一時的でデメリットもある

肌に水分が浸透するのは良くないことではないか?という疑問について話しましたが、結論として、一時的な水分浸透は良くないということでした。

化粧水は肌に浸透すると悪い?良い?どっち?

化粧水を塗った後にサランラップでパックする方法が一部で人気のようです。

もしくは化粧水シートですね。フェイスマスクタイプの。

これらは確かに肌水分量が手で塗るより上がります。これは間違いないのです。

理由はお風呂に入っているようなものだからです。

洗顔時の水分も多少は角質層に浸透しています。ですがお風呂だともっと浸透しています。理由は水分に付着している時間が長いため、バリア機能が緩みやすいからです。

つまりは、悪くいうと無理やり浸透させているわけですが、お風呂上がりに急速に乾燥を感じるのと同じで、化粧水パックも急速に水分が蒸発します。

パックしたほうがその日の肌水分量総合計は高くなりますが、お風呂でふやけたら肌に良くないように、激しい水分の出入りは角質層を痛めるだけです。

たまにならいいですが、毎日毎日のパックは次第に乾燥が悪化してきます。

化粧水は浸透よりも水分維持を大事に使用

化粧水は何かと浸透するかしないかが重要視されますが、それよりも水分をキープできるかどうかのほうが100倍大事です。

そのためにはセラミドです。

セラミドがないと肌水分量は高まりません。

化粧水の役割は、足りていない肌水分を一時的に補い高めるもの。一時的でも速すぎる蒸発はマイナスにしかなりません。

化粧水効果をしっかり引き出すなら、どうやって浸透させるかではなく、浸透する仕組みを持った化粧水を選ばないといけません。

それはセラミド配合か、リポソーム化に限ります。