1. トップページ
  2. 化粧水は肌に浸透すると悪い?良い?どっち?

化粧水は肌に浸透すると悪い?良い?どっち?

化粧水は肌に浸透すると本当は良くないと一部で言われます。

でも化粧水はとても重要という話が定説。

一体どっちなのか?

ただの水分浸透は肌に悪い

化粧水は肌に水分を与えることだとされていますが、純粋に水分だけが肌に浸透するなら良くありません。

例えばお風呂で長風呂したとき、指先が白くふやけます。これは水分が角質細胞同士の隙間に浸透したからです。

つまり、水分が浸透することは肌にとってプラスではない、ということになりますよね。

ふやけるのは水分過多だけでしょ?と言われればそうです。

ただ、角質細胞の隙間に水分が浸透することが肌にとってプラスかというと、それは全く意味がないことなんです。

水分が維持されるなら水分浸透はいいこと

化粧水で与えた水分が、角質層中で維持されるならいいことです。

なぜなら、水分が多いとバリア機能が高まるからです。

肌は角質層の隙間にあるセラミドが水分を挟み込み維持しています。これにより異物の侵入を阻んでいます。

肌水分量が低いと異物の侵入を許しやすくなり、肌荒れをしやすくなります。これをカバーするために角質が分厚くなってしまうので、化粧水で水分を補うのは効果があります。

ただ、浸透した水分が維持されればの話です。

ですが、化粧水で与えた水分がセラミドによって捕獲されることは期待できず、ただ宙ぶらりんの水分として角質層に存在します。

この宙ぶらりんの水分は不安定なのですぐに蒸発しようとします。

化粧水をたっぷり塗ったのにやたら乾燥するという場合、一度浸透した水分が蒸発しており、その際に肌に元からあった水分も引き連れているからです。

このように、どうせすぐに蒸発するような水分なら、肌に浸透しないほうがいいんです。

界面活性剤・防腐剤の浸透はイメージほど悪くない

化粧水が浸透すると界面活性剤や防腐剤も一緒に浸透します。

ですが全部浸透するわけじゃありません。

また、界面活性剤は乳化剤の非イオン界面活性剤であり、洗顔料に含まれるような脱脂力が強いタイプではありません。また既に乳化していて、界面活性剤としての機能はほとんど失われている状態です。

なので界面活性剤に関しては相当なアレルギー持ちでもないかぎり、化粧水レベルの配合量が浸透してもまず問題ありません。

防腐剤に関してはできれば避けたいところですが、防腐剤が角質層に浸透するだけなら特に問題はありません。

それ以上の浸透になるとアレルギーリスクが高まりますが、通常はそこまで浸透しません。

浸透してプラスになる化粧水の種類

ではどんな化粧水なら浸透して意味があるのか?というと、

  • 保水力が高い
  • 何かしら浸透させたい水溶性成分がある

この2つです。

セラミド配合かリポソーム化粧水なら悪くない

肌水分量は高いほうがいいです(限度はあります)。でも維持されるからこそ肌水分量であり、無理やり浸透させた水分はすぐに蒸発するので意味がありません。

角質層で水分を維持しているセラミドが入った化粧水、または同様の保水性を発揮するリポソーム化化粧水なら悪くありません。

一緒に浸透した水分を肌の中で長時間維持するからです。

化粧水は肌に浸透したら悪いのかどうかは、水分をいかに維持できるかにかかっています。

ビタミンCなど水溶性成分の浸透に化粧水が活躍

美容成分には水溶性、油溶性などの特徴に分かれます。

ビタミンCやハトムギエキス、ナイアシン(ビタミンB3)は基本的に水溶性です。

これらをたくさん配合する場合、水分が多い化粧水が有利になります。

ビタミンCもハトムギエキスも化粧水で有名な製品が多いと思います。コーセーの雪肌精なんかはハトムギエキスが主力ですよね。

ただ水溶性成分は基本的に肌に浸透しないので、成分に加工などの工夫は必要です。

この点においては、リポソーム化されているとより期待できる化粧水と言えます。